メリット・デメリットをしっかりと把握しよう

導入後のメリット

朝の五分は貴重! 女性/20代

 

赤ちゃん用に導入しましたが、朝のコーヒーのためにお湯を沸かす手間がなくなるのがすごく便利!そのぶんゆっくりできていい感じです。

 

深夜の調乳に便利すぎます! 女性/20代

 

深夜にミルクを作るときにすごく便利。うちの子は夜泣きがすごくてアパートにすんでいるから周りに迷惑かけていないか心配でした。ベビアクアを使ってからはすぐにお湯が出てミルクを与えるとすぐ泣き止むのでほんっっと楽になりました。

 

再沸騰機能がすごい 男性/30代

 

普通のサーバーにはない再沸騰機能がついたサーバーがあるのでスープやラーメンに便利。おもいたったらすぐに作れるのがいい。

 

除菌サーバーが素敵 女性/30代

 

アクアトラスト使ってます!目には見えないけど水が出る直前まで除菌してくれるってのにひかれました。ベビアクアはボトルもいっぱいもらえるし、赤ちゃんがいるなら使わないともったいないっ!と思って即導入しました。味もおいしいです♪

導入後のデメリット

場所をとる 女性/30代

 

まったくもって場所を考えずに導入してしまったので置き場所に困りました。他社メーカーも形は同じようなものなのでどうしようもありませんが、卓上タイプにすればよかったと後悔・・・。

 

ボトル返却が 女性/20代

 

ベビアクアはボトルを返却するリターナブルという仕組みですが、返却前に空ボトルを置いておくのがちょっと邪魔です。まぁ、エコだしその点は捨てるタイプよりはいいと思いますが、うちはキッチンが狭いので別の部屋に収納しています。

 

コストがかかる 女性/30代

 

赤ちゃんの為に使っているので仕方ないのですが、お水を購入しているので月のコストは多少増えます。その分他で削ればいいんですけどね(笑)電気代に関してはポットを使わなくなったからか、少し安くなった気がします。

 


実はどのメーカーも似ている!?

私は3社ほど体験していてその時その時で口コミなどを調べなおしていますが、メリットやデメリットの部分って実は・・・どこをみても一緒なんですよね(笑)

 

それっていうのが、ウォーターサーバーはもともと、

  • 災害時用の備蓄水
  • 赤ちゃん用に使う
  • おいしい水を飲みたい
  • すぐに熱いお湯を使いたい

という考えから導入する方がほとんどなので、この部分に関しては基本的にどのメーカーを使っても同じです。

 

なので、デメリットに関しても使い勝手はほとんど似たようなものなので同じような口コミでの評価になりますよね。

 


 

では、違いはどこに出てくる?

そうなると全部一緒では?

 

と思ってしまいますが、料金やサーバーのタイプ・デザインなどは各メーカーによって違います。

 

メリット・デメリットの部分とはまた別に、「あなたの家庭にぴったりなお水を選ぶ!」という点でメーカーごとの違いがでてきます。

 

たとえば、アクアクララでいうと「ベビアクアプラン」は、

  • 無料でもらえる水の本数が多い
  • 最先端のサーバーが使える
  • 赤ちゃんに安心のRO水が飲める

という点で、赤ちゃんのいるママにとっては嬉しいサービスが盛りだくさんです。

 

アルピナウォーターというメーカーだと、赤ちゃん用プランが対象でない方でも、「とにかくコストを低くしてウォーターサーバーを使いたい!」という方のために、低価格で利用できるような価格帯になっています。

 

 

 

なので、ウォーターサーバーを選ぶときには、

  • あなたが今どういったサービスを受けれるのか
  • コストがどれくらいまでならかかってもいいのか

これらを考えながら選ぶといいですよ(もしあなたが赤ちゃんプラン対象ならそれはお得なので選んだほうがいいです)。